心斎橋で「鮨 極」がオープン!極上の鮨を召し上がれ…

2021年10月1日に心斎橋でオープンした「鮨 極」。

レクストホールディングスが出資しています。

お話を伺いに行きました。

お店の入り口。オープンということで、お祝いのお花が。いざ!取材へ。期待が高まります。


午後4時。

大将はオープン準備の真っ只中!
お忙しい時間でしたが、気さくにお話を聞かせてくださいました。

まずは店内の美しさにびっくり!
美しい木のカウンターです。

明るく美しい店内です
手際よくオープン準備を進める大将


「鮨 極」の大将 清水さん。

20代前半は、海上自衛隊の潜水士だったそう。
自衛隊退職後、料理の道へ。
和食料理店での修行の後、鮨職人に転身したとのことです。

清水大将



「自衛隊は厳しかったですか?」と尋ねると
「体力的には自衛隊の方が厳しかった。でも精神的には料理の修行の方が厳しかったよ!」とのこと。


大将とタッグを組むのは料理長の時田さん。
和食料理人歴27年の大ベテランです!

清水さんと時田さんの出会いは、前の前のお店。
「鮨 極」 オープンの際、清水大将が時田料理長に猛アタックし、一緒にお店をやっていこうと口説いたそうです。
はじめは断ったという時田料理長。
しかし大将の熱意に圧倒され、料理長として就任することを決意。


「鮨屋ですが鮨だけではない!私たちの“あうんの呼吸”で提供される和食にも注目していただきたい。」と、清水大将と時田料理長。

「鮨 極」には、大将と料理長の前々店からのファンも通っているそう。

「周りの名店にも足を運ぶ、舌の肥えたお客様が“極”にも通ってくれているということはとても光栄」を胸を張る。


「うちの自慢は、鮨・和食・ワインのマリアージュです」と大将。

鮨店としては意外なことに、ワインにも力を入れているそう。

伝統と革新が交差する素敵なお店です。

たくさんのお酒がスタンバイ


「中途半端なことはしたくない」と言う大将の言葉通り、お店のすべてにこだわりが。


お鮨のネタはもちろん、お米、お酢、器も厳選したものを使用。

お酢は6種類のお酢を用意。
ネタに合わせて使い分けているそうです。

お米は現在も研究中とのこと。
「酢の力を最大限発揮する米」を追求しているそう。

ネタは、魚屋から仕入れている。
東京に6軒、大阪に4軒、仕入れ先があるそう。
朝5時から仕入れについて魚屋さんとLINEでやりとりすることも。

お店は基本的に夕方オープンですが、大将は朝9時にお店にやってきて、仕込みを始めるそうです。


「ひと手間ふた手間加えたネタを」
「最高のものを提供したい」

大将のこだわりが、随所にちりばめられています。


新鮮なネタを見せていただきました


「ここは私たち鮨職人のステージ!」

照明にもこだわり、華麗な手さばきが明るい照明に照らし出されます。

まるでパフォーマンスを見ているかのような見事な手さばき…


器にもこだわりが。

料理だけでなく、器を楽しむことも「鮨 極」の醍醐味です。

コレクションの一部。まだまだこだわりの器をお楽しみに…!


芸術的な美しさのお鮨たち



「鮨 極」が、最高の夜をお約束します…!!

皆様のご来店をお待ちしております。



Instagramはこちら↓DMで予約もできますよ!



◆「鮨 極」の詳細

店名:鮨 極

ジャンル:鮨

住所:大阪府大阪市中央区東心斎橋2-7-22 日宝シルキータワー 1F

営業時間:
ランチ 12:00~15:00 (L.O.14:30) ※3日前の完全予約制[5名以上]
ディナー一部 18:00~20:30 (一斉スタート)
ディナー二部 21:00~22:00 (L.O.22:00) (アラカルトのみ)

定休日:日祝(仕入れ状況により変更あり)

電話:06-6212-2155

予算:22000円~

席数:14席(個室あり)

食べログページ:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27125330/