広告部門を対象にフレックスタイム制度を導入します

4月1日より広告部門を対象にフレックスタイム制度を導入します。

なお、広告部門は、4月より新会社(株)IZAを設立し、別会社として適用・運用されます。​

◆フレックスタイム制度とは

フレックスタイム制とは、始業・終業時間を社員が自分で決めることができる制度で、クリエイティブで成果物が明瞭で裁量権が認められる業務に適用されます。

1日の労働時間が「コアタイム」と「フレキシブルタイム」から構成されます。

コアタイム・・・「必ず会社に出勤する時間」

(10時〜15時 休憩12時〜13時)

・1日のうち、労働者が必ず勤務しなければいけない時間帯

・コアタイムに働いていない場合、「遅刻」「早退」「欠勤」の扱いになり、控除されます。

フレキシブルタイム・・・「出勤・退勤が自由に行える時間」(5時〜10時と15時〜22時)

・労働者が自らの判断によって決定できる勤務時間帯​

~この記事に関するお問い合わせはこちら~

レクストホールディングス株式会社 広報部

TEL:0120-437-942

MAIL:press@rext.co.jp